アイドル的俳優のその後

新聞を読んでいると時々海外の俳優の死亡記事を目にします。

大俳優でなおかつ現在も近況が比較的知られている俳優に関して

は、さほど感慨深いものはないのですが主演映画が大ヒットした

もののその後低迷期を迎えてパッとしなかった俳優の場合は複雑

です。

私にとってジョージペパードもその一人です。

「ティファニィーで朝食を」でオードリーと共演して以後長い間

パッとしませんでしたね。都会的容貌でオードリーの相手役をつ

とめ、金持ちの中年女性のパトロンといった役どころでした。

1994年に他界しましたが、新聞記事をみた朝はなんだかとても切ない気分になったものです。

彼の後年に「特攻野郎Aチーム」で復活したけど本とに年取ってからでしたもんね。









「ティファニー・・・」でもう一人なんといっても忘れられな

いのがオードリー演じるホリーの住むアパートの上階の「ユニオ

シ」さんです。この「ユニオシ」さんは日本人という設定」でし

たね。めがねをかけて小柄で確か出っ歯だったような・・・

とにかく強烈にデフォルメされてて気分のいいものではありませ

んでした。60年代日本の世界的な地位というのが伺われる設定でした。(なぜか悲しいですけど)

演じているのは実は、アメリカ人の役者ミッキールーニー。

彼もどうしているんでしょうか?

な〜んて自分も年取った証拠でしょうかそんなことばかり考えた

一日でした。お外はとっても爽やかでした。


タグ:映画
この記事へのコメント
はじめまして、兵庫県在住51歳男です。
ジョージ・ペパードの大ファンだった私は、新聞で死亡記事を目にした時は、カレンさん同様切ない気分になりました。「ティファニー」もいいですが、「クロスボー作戦」や「ブルーマックス」や「大いなる野望」のペパードもいいですよ。亡くなった時の追悼番組では「特攻野郎」を放送してましたが、映画俳優としてはやっぱり過去の人となってしまっていたのですね。さびしい思いをしました。
Posted by ホリやん at 2008年09月15日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。