60・70年代クールな美男子俳優1

今も昔もクールな男性に憧れる女性はたくさんいるはず。

世の中芸人さんが大モテだけど、プライベートは無口でクールだったりして、そのギャップがいいのかも・・・

クールといえば、ハイ60年代・70年代のカリスマ美男子俳優 アランドロンですねぇ。

今や彼、70の域を越えてジュネーブ暮らしで優雅です。

「太陽がいっぱい」から始まり「山猫」「地下室のメロディ」「冒険者た

ち」「太陽はひとりぼっち」「悪魔のようなあなた」「もういちど愛して」

などなど、私が知ってるだけでも枚挙にいとまがありませんわ。

なかでも私のおすすめ?というか少々意味不明なストーリーなんですが「太陽はひとりぼっち」!

アントニオーニ作品であり、イタリア女優 モニカヴィッティのけだるい演技とアランドロンの美男子ぶりにメマイを感じそうです。

ラストに流れるテーマ trusr me それにかぶさるモニカの冷めたアップ(だったと思う)街をふく乾いたような風(だったと思う)に心揺さぶられました。

だったと思う ばかりでごめんなさい・・・

まぁ日本人女性のストライクゾーンど真ん中のルックスで一世を風靡したクールな男子でございました。


人気ブログランキングバナー.gif  ← お気に召したらポチっと1回元気のミナモト!




タグ:映画
この記事へのコメント
お早う御座います

今朝 アントニオーニの訃報に接しました
この間の ベルイマンに続き 又 昭和の偉大な監督が 逝きましした

冥府を祈り 合掌・・・

先日 BS放送で放映された「太陽はひとりぼっち」の録画をもう一度 観ようと思います

Posted by 小作人 at 2007年08月01日 08:36
小作人さん

いつもコメントありがとうございます。

アントニオーニといいベルイマンといいおっしゃるとおり寂しいかぎりですね。

それだけ昭和は遠きになっているということでしょうか。

「太陽はひとりぼっち」を録画されてるんですね。

羨ましいです。。。


Posted by カレン at 2007年08月02日 13:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。