映画 懐かしの白い恋人たち

まだまだ暑い日が続きます。
そこで想いだすのが雪に関する60年代の映画です。
「ドクトル・ジバゴ」に「白い恋人たち」。

60年代を代表するこれらの映画ですが、どちらの映画もテーマ曲がたまりませんね。

で、今日は「白い恋人たち」。
正確には「白い恋人たち グルノーブルの13日」。
1968年フランスのグルノーブルで13日間にわたって開催された第10回冬季オリンピックを描いたドキュメンタリー映画ですよね。

まだ子供だった私にとってもウットリするほどの映画テーマ曲「白い恋人たち」が圧巻でした。(冬の下校時間に流れてたっけ。。。)
このとき初めて作曲家フランシス・レイを知ったわけです。

通常のドキュメンタリー映画と違いストーリーもナレーションもあるわけではなくて、選手や大会役員そして観客の姿をたんたんと色んなアングルからとらえていました。

それがへたな脚色よりも胸打つんですよね。

テーマ曲の「白い恋人たち」は映画全編を通じていろんなアレンジで流れていますが、もっとも記憶になじんでいるのが聖火リレーのシーンでしょうね。

私たちの子供の頃は冬になると毎年雪が積もって、雪合戦などで遊んでいる校庭にこの「白い恋人たち」が流れていたのを懐かしく想いだしてしまいました。






この記事へのコメント
カレンさん
お久しぶりです

「ドクトル・ジバゴ」を とっても懐かしく想い出します

荒涼としたロシアの風土と厳しい気候
倫理では 解決出来ない 男と女の問題
あの 何処か物悲しい音色を奏でる 「バラライカ」
バックに流れた 「ララのテーマ」

断片的では ありますが想い出しました


Posted by 小作人 at 2007年09月26日 13:27
"白い恋人たち"検索でここへたどり着きました。
はじめてお邪魔します。
[愛しのカレン]さんが書かれている"聖火リレーのシーン"は私も同感です(私も北国出身なので...)。
このクリスマス、本DVDが手に入ったので、居ても立ってもいられず、YouTubeへアップしちゃいました。よかった懐かしんで下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=XsWPaUqY5PE

Posted by hoh6640 at 2010年12月26日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。